閉じる

幸手の家

木の箱と白の箱が噛み合ったような外観を持つ住まい。いつでも家族だけでなく、光や風、緑を身近に感じていられるよう、木の箱には庭を挿入し、その中庭をアトリエ、家族室、浴室が囲むようなレイアウトとしています。敷地南側は車や人の往来が激しい県道のため、白い箱の2階南側に設けたバルコニーは、手すりを壁で立ち上げ、外部からの視線や喧噪をシャットアウトしました。それにより室内には静謐を、外観意匠には独自性を生み出しています。

© 2022 株式会社イール 一級建築事務所 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free