閉じる

幸手の家

アトリエ空間は「木の箱」、居住空間は「白の箱」とし、それぞれの箱が噛み合ったような外観としました。アトリエと家族室、浴室は、通りからの視線が遮断されたプライバシー性の高い中庭を介して繋がり、爽やかな光と風が内部空間を駆け巡ります。2階の天井は小屋組現しとして天井高を確保。建物の高さを抑えて、圧迫感のない落ちついた佇まいとなるように計画しました。

© 2021 株式会社イール 一級建築事務所 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free