閉じる

蕨の家

敷地は、南東に面する人通りの比較的多い角地であり、玄関や駐車場、2階の窓等は南側に計画する必要があったため、それらが露わになると感じるであろう煩雑さを軽減するため、2階南側と1階東側にそれぞれ縦格子を設け、シンボリックな佇まいとしました。室内は、木肌を活かした優しく柔らかいインテリア。リビングとキッチンの高低差、仕上げのコントラストは空間に緊張と緩和を、ロフトは日々の生活に遊び心を与えます。

© 2022 株式会社イール 一級建築事務所 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free